Fortigateの接続設定

WANインターフェイスの設定

FortigateをNAT/ルートモードでインターネットに接続するために、WANインターフェイスを設定します。

  1. [システム]→[ネットワーク]→[インタフェース]を選択します。
  2. [インタフェース名]が[Wan1]の左のチェックボックスにチェックを入れ、編集アイコンをクリックすると、[インターフェイスを編集]画面になります。
  3. インターフェイスのアドレッシングモードをPPPoEを選択し、プロバイダーから配布されたログイン名とパスワードを記載します。
  4. [サーバからデフォルトゲートウェイを取得する]と[内部DNSを上書き]の両方にチェックを入れ、[適用]ボタンをクリックしてしばらくすると、接続が確立し、[リンクステータス]が[アップ]になって、IPアドレスとネットマスクが表示されればOKです。

デフォルトルートの設定

  1. [ルータ]→[スタティック]→[スタティックルート]を選択します。
  2. [Create New]ボタンをクリックします。ただし、既に作成されている場合は、左のチェックボックスにチェックを入れ、[編集]をクリックします。
  3. 宛先IP/ネットマスクは[0.0.0.0/0.0.0.0]にしておきます。
  4. [デバイス]フィールドのリストボックスで[wan1]を選択します。
  5. [ゲートウェイ]は、内部インターフェイス(internal)と同じ[192.168.1.99](初期設定)にします。

DNSサーバーの設定

プライマリDNSサーバーとセカンダリDNSサーバーを設定します。

  1. [システム]→[ネットワーク]→[オプション]を選択します。
  2. プロバイダーから配布されているプライマリーDNSサーバーとセカンダリーサーバーのIPアドレスを入力します。
  3. [適用]ボタンをクリックします。

ここまでの操作で、管理用コンピュータからFortigateを経由してインターネットに接続できるはずです

DHCPサーバーの設定

Fortigateをルータとして使い、DHCPサーバとして機能させるときには、次のように設定します。

  1. システム→DHCP→サービスを選択
  2. Create Newボタンをクリック
  3. モードをサーバーに設定
  4. タイプはレギュラーに設定
  5. IPレンジにはDHCPサーバがリース(配布)するIPアドレスの範囲を指定します。
  6. ネットワークマスクを設定
  7. デフォルトゲートウェイにはFortigateのIPアドレスを設定します。工場出荷状態のままなら、[192.168.1.99]です。
  8. DNSサービスは定義するにチェック
  9. DNSサーバ0と1には、プロバイダから配布されたIPアドレスを入力
  10. OKをクリック

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ