レンタルサーバーについて

レンタルサーバーとは

さて、今日は私が使っているレンタルサーバーについて少し書いてみたいと思います。レンタルサーバーとは「Webサーバーのディスク領域を貸し出し、顧客に代わってWebページの公開を行うサービス」のことです。

現在、私は3社のレンタルサーバーを利用させていただいています。

  1. 大塚商会のアルファメール
  2. さくらインターネット
  3. ファイアバード

大塚商会のアルファメール

大塚商会のアルファメールは会社の公式ホームページ用に利用していますが、サーバーの設定とかドメイン管理とかすべて大塚商会の営業マンに任せていますので、あれこれサイトをいじろうとしても、なかなか制約があって、面倒くさいものです。

ただ、長年使っていますし、会社の公式ホームページも一定のアクセス数がありますので、他社のレンタルサーバーに変更するには難しいものがありますので、とりあえずこのまま利用し続けることになると思います。

さくらインターネット

次がさくらインターネットです。これは私個人で長年利用しています。レンタルサーバーの大手ですので、回線は安定していますが、初めての人には、管理画面が非常に使いづらいですので、使い方を少し説明したいと思います。

1.さくらインターネットのトップページから会員メニューログインをクリックします。

2.ログイン画面からプロバイダーから配布された会員IDと入会するときに決めたパスワードを入力します。

3. さくらインターネットが使いづらいと感じるのは、会員専用ページにログインする会員ID、パスワードとサーバーをコントロールするためにサーバーコントロールパネルにログインするための、パスワードが違うところにもあります。

4.下が会員専用のページですが、私は最初ここで躓きました。

5.どこを探しても、サーバーにアクセスする事ができないのです。しょうがなくトップページに戻ってよく見ると、レンタルサーバーのメニューバーをクリックすると左のメニューバーに小さく「コントロールパネル」とあるではないですか。

6. 早速、ログインしようとしたらこちらは自分で作成したパスワードではなくて、プロバイダから配布されたパスワードで、書類をひっくり返しながらやっとログインすることができました。

7.  私の思いこみかもしれませんが、会員専用ページにログインすれば、そこからすべて操作出来ると思うのが、普通ではないでしょうか。その辺の仕様は変更してほしいところだと思います。

8. さてこれがサーバーのコントロールパネルですが、プロバイダから配布されたパスワードはいちいち覚えていられませんので、パスワードを変更をした方がいいと思います。

9.それ以外の使い方は、機会があれば紹介したいと思います。

Firebird(ファイアバード)

最後は、現在私が最も利用しているFirebirdを紹介します。Firebirdは名前が気に入って入会したというのも多分にあるとおもいます。

Firebirdはネットオウル株式会社が運営しているレンタルサーバーで 、ほかにもミニバードクローバーというレンタルサーバーがあります。

私が一番気に入っているのは、ほかのサービス(ドメイン取得サービスのスタードメインやSSL証明取得サービスのSSLボックス)との連携がとてもよくて、使い勝手がいいということです。

ただ一つ、初めて利用するときにわかりづらいのが支払い方法です。 ネットオウルでは利用料金の決済方法がネットオウルプリペイドという特殊な方法であるということです。そして、ネットオウルポイントというポイント制度でユーザーに還元しようとしていますが、これが一層わかりづらくしていると思います。

そこで、簡単に決済方法の手順を説明したいと思います。

  1. まず、新規会員登録をします。
  2. 次に、決済登録情報を記入します。
  3. ネットオウルプリペイドを購入します。
  4. それから本契約をします。

※この契約前にネットオウルプリペイドを購入するという方法が、契約前のユーザーにはわかりにくいと思います。又、銀行振り込み以外の決済方法が500円単位ということも、当初使用していない金額が発生する可能性がありますので、新規ユーザーには敷居が高いと思います。ただ、「マンガでわかるネットオウルポイント」とか、理解してもらおうとの努力は見えます。

一度利用してしまえば、簡単なのですが、初めて利用するのにネットオウルポイントを先に購入するのはためらう人が出るのではないかと思います。2週間のお試し期間がありますので、試してから決めるのがいいと思います。

タグ

このページの先頭へ