CodeIgniterの導入

PHPフレームワークの本命

PHPフレームワークと言えば、「CakePHP」、「symfony」、「Zend Framework」が3大フレームワークとして有名ですが、ここのところ急激にシェアをのばしてきているのが、CodeIgniter(コードイグナイタ)です。

今まで社内のWeb業務管理システムは純粋にPHPのみで作成してきましたが、機能を追加する度にあちこち手直しをしなければならず、継ぎ接ぎだらけになってきているような気がします。

そこで作業効率を上げるため、心機一転フレームワークを導入しようと考え、どのフレームワークがいいのか色々検討してみました。

上記の3大フレームワークは私にとって、どれも一長一短が有り、フレームワークの導入をあきらめかけてたときに、CodeIgniterの存在を知りました。

私が、CodeIgneiterの導入を決めた理由は、軽量、高速、高いパフォーマンスを持っている点。又、フレームワークの導入は、新しい言語を一から覚えるのと等しいほどの労力を要しますが、学習コストが低く、初心者にも優しいフレームワークであるという点です。

CodeIgniterも一通り使えるようになったらこのサイトで紹介していきたいと思います。

CodeIgniterのインストール

CodeIgniterの日本語ユーザーズガイドページにはほとんどの事が網羅されているみたいなので、これからCodeIgniterを勉強するにはかなりお世話になるページになると思います。

http://codeigniter.jp/user_guide_ja/toc.html

①尚、上記日本語ユーザーズガイドのダウンロードページからダウンロードしようとしたら、最新版は本家サイトへ飛んでしまいます。日本語版のインストールはhttp://codeigniter.jp/からダウンロードをクリックします。

②下の方にあるリリースファイル一覧から、最新のパッケージをクリック。

③「保存」ボタンをクリックして、zipファイルをローカルフォルダにダウンロードします。

④解凍したフォルダごと、ローカルの初期フォルダにコピーし、FFFTPでレンタルサーバーにアップロードします。

⑤application/config/config.php ファイルをテキストエディタで開き、ベースURLを記入します。暗号化、もしくはセッションを利用する際には暗号鍵を記入します。

application/config/database.php ファイルをテキストエディタで開き、データベースの設定を記入します。

以上でCodeIgniterのインストールは終わりです。結構簡単だと思います。だいぶ先になるかもしれませんが、CodeIgniterの使い方を初心者でも分かり易いように作成していきたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ