Dreamweaver 会員専用サイト

DreamweaverでPHP 会員専用サイトの作成

更新日:

ログイン用データベースの作成

単純にページにログインできないように暗証番号を入力させるためだけなら、『.htaccess』ファイルでBasic認証をかける方法が簡単ですが、アクセスしてきた人によって、挙動を変える(人によってアクセスできるページを変えたり、いろんな情報を保持したりする)には、データベースによってアクセスしてきた人を判別する方法が必要です。

phpMyAdminを開き、前回作成したデータベースに新しいテーブルを作成したいと思います。

①名前に『members』、フィールド数を『6』と入力します。

②フィールド名を『ID』『mm_name』『mm_class』『mm_passw』『mm_mail』『mm_note』にして、『ID』の種別を『INT』、『mm_class』の種別を『TINYINT』、『mm_note』を『TEXT』、それ以外を『VARCHAR』にします。『mm_note』以外を『not_null』にして、『ID』をauto_increment』で『PRIMARY KEY』に設定します。

会員登録ページの作成

それでは、Dreamweaverで先にいくつかファイルを作成しておきましょう。いつもと同じように、中身は空で構いません。まず、会員登録用のページ(mm_input.php)、二重登録防止のページ(mm_ovrlapping.php)、登録が成功したときに表示するページ(mm_input_ok.php)、登録が失敗したときに表示するページ(mm_input_ng.php)を作成します。

①作成した会員登録用のページ(mm_input.php)を開き、フォームタブのフォームをクリックし、フォームを作成します。

②一般タブのテーブルをクリックし、5行2列のテーブルをフォームの中に作成します。

③項目名を入力し、5行目を2列とも選択。プロパティの『選択したセルを結合』ボタンをクリックします。

④結合した5行目をクリックし、フォームタブの『ボタン』アイコンをクリックします。出てきたダイアログボックスには何も入力せずに『OK』をクリックします。

⑤作成された『送信ボタン』をクリックして、プロパティの『値』を『送信』から『登録』に変更します。

⑥1行2列目をクリックして、フォームタブのテキストフィールドを入力します。

⑦IDをデータベーステーブルのフィールド名と同じにして、『OK』をクリックします。

⑧同様に残りのテキストフィールドとテキストエリアを入力します。尚、4行目の『備考』は味気ないので、『自己紹介』に変更しました。

これで一応、会員登録用のフォームは作成できました。データベーステーブルで作成したフィールドのうち、『ID』と『mm_class』の入力箇所がありませんが、『ID』は自動的に連番が入力されますし、『mm_class』も初期値を入力しておきましたので、設定した初期値が入力されますので、問題はありません。

次回は『会員登録用のページのレコードセットの設定』です。

-Dreamweaver, 会員専用サイト
-

Copyright© WinRoad徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.