DreamweaverでPHP 会員専用サイト4

前々回の訂正とお詫び

会員登録のデータ入力の前に、前々回の訂正をしたいと思います。前々回の『会員登録用のページのレコードセットの設定』の③で各フィールドを該当する箇所にドラッグと説明しましたが、これは、データ訂正用のページを作成するための方法でした。お詫びします。せっかく作成したので、この『mm_input.php』を『mm_update.php』の名前で別名保存します。元の『mm_input.php』ページの各フィールドを訂正します。

1行2列目のフィールド内をクリックし、プロパティの『初期値』を削除します。残りのフィールドも同様に訂正します。

会員登録のページのデータ入力

それでは、http://winroad.ever.jp/mm_input.phpをクリックして、『mm_input.php』のファイルを開きます。

①データを入力して、『登録』をクリックします。『パスワード』の入力文字を黒丸文字にするためには、プロパティのタイプのパスワードを選択します。尚、ついでに『登録』ボタンの横に、『リセット』ボタンも作成しました。

②登録できたら、『mm_input_ok.php』のページへ移動します。

③続いて、http://winroad.ever.jp/mm_login.phpのページから、『ログイン』できるか確認してみましょう。

④既に登録してある『鈴木五郎』のメールアドレス『suzuki@winroad.jp』、とパスワード『suzuki』でアクセスしてみます。

②メールアドレスとパスワードが正しければ、トップページへ移動します。

ページへのアクセス制限

さて、会員登録はできましたが、このままでは、アドレスを直接打ち込めば、誰でもトップページへ行くことができます。登録された会員だけがトップページへ移動することができるようにするためには、『index.php』のページにアクセス制限をかけなければなりません。

①『index.php』のページを開き、『サーバービヘイビア』→『+』→『ユーザー認証』→『ページへのアクセス制限』とクリックします。

②『ページへのアクセス制限』ダイアログで『制限』を『ユーザー名とパスワード』、『アクセス拒否後』の表示ページを『mm_login.php』に指定して、『OK』をクリックします。これで、トップページへアクセスしてきた人を強制的に、ログインページへ移動させ、『メールアドレス』と『パスワード』が合致した人のみトップページを開くことができるようになります。これはブラウザが閉じるまで有効です。

③今まで作成したページ(『mm_login.php』以外のページ)にも同様にアクセス制限をかけます。これで会員以外の人はhttp://winroad.ever.jpのサイトへアクセスする事ができなくなります。尚、会員登録すればアクセスできるようにするため、『mm_login.php』のページの下に会員登録用のリンクを張っておきます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. kiiboo より:

    ①データを入力して、『登録』をクリックします。『パスワード』の入力文字を黒丸文字にするためには、プロパティのタイプのパスワードを選択します。尚、ついでに『登録』ボタンの横に、『リセット』ボタンも作成しました。

    『リセット』ボタンはどのように作成すればいいのでしょうか?

    • nakada より:

      kiibo 様
      コメントありがとうございます。
      リセットボタンは、フォーム→ボタンで普通の送信ボタンを作成すると、そのボタンのプロパティが下の方に表示されると思います。
      そのプロパティのアクションの文字の横に『フォーム送信』と『リセット』を選択出来るようになっていますので、リセットを選択すれば、リセットボタンになります。

  2. hormone より:

    記事、拝見させていただきました。

    一つ質問させてください。サンプルにあるテーブルの、登録やログインなどのボタンがある列だけ1行になっているのですが、これはどのようにすればできるのでしょうか。普通に作るとすべて2行になってしまい、このサイトのサンプルのようになりません。ご教授いただけますでしょうか。

    • nakada より:

      hormone 様
      コメントありがとうございます。

      複数の列を1列にするには、まず、1列にしたい行の列をドラッグして複数列を選択します。
      すると下のプロパティのところに四角の真ん中が点線で区切られているアイコン(選択したセルを結合アイコン)が表示されますので、それをクリックすれば、列が結合されます。
      尚、この操作は、列だけではなく、行でも同様な操作ができますので、試してみて下さい。

      WinRoad徒然草管理人 中田


コメントをどうぞ

このページの先頭へ