CodeIgniter

Eclipse/PDTのインストール

更新日:

Eclipse/PDTとは

Eclipse(「イクリプス」または「エクリプス」)は、IBMによって開発された統合開発環境(IDE)の一つです。高機能ながらオープンソースであり、Javaをはじめとするいくつかの言語に対応する。Eclipse自体はJavaで記述されている(Wikipediaより)。プラグインを利用して、様々な機能を組み込むことができます。

PDT(PHP Development Tools)とは、EclipseのPHP開発用プラグインです。このEclipse/PDTをインストールして、『CodeIgniter』の開発環境にしたいと思います。

Eclips/PDTの日本語版(Pleiades All in One PHP)のインストールファイルは、以下のURLから入手します。

http://mergedoc.sourceforge.jp/ から最新版をダウンロードします

Full All in One(JREあり)のPHPをクリックします。

ダウンロードしたファイルを解凍し、『eclipse』フォルダをローカルフォルダにコピー(D:¥eclipse)します。

『eclipse』フォルダ内の『eclipse.exe』をダブルクリックします。『ワークスペース・ランチャー』ダイアログが表示されたら、ワークスペースとしてApacheのドキュメントルート『C:¥xampp¥htdocs』を指定します。

これで一応Eclipse/PDTのインストールは終了です。

CodeIgniterの設定

解凍したCodeIgniterの、すべてのディレクトリをCドライブ直下の『C:¥CodeIgniter』に移動

『C:¥CodeIgniter¥application¥confing』ディレクトリ内の『config.php』ファイルをテキストエディタで開いて設定を変更

14行目

$config['base_url']=”http://localhost/CodeIgniter/”;に変更

26行目

$config['index_page']=”";に変更

176行目

$config['log_threshold']=4;に変更

Eclipseでプロジェクトを作成する

EclipseへCodeIgniterのソースファイルをインポートするために、Eclipseでプロジェクトを作成します。

ファイル→新規→PHPプロジェクトを選択します。

プロジェクト名を『CodeIgniter』(任意)と入力、そのまま『次へ』ボタンをクリックします。

『phpインクルードパス』ダイアログが表示されたら、そのまま『完了』ボタンをクリックします。

EclipseへCodeIgniterのソースファイルをインポートする

PHPエクスプローラーの『CodeIgniter』プロジェクトを右クリックし、『インポート』を選択します。

『インポート』ダイアログが表示されたら、『一般』から『ファイルシステム』を選択し、そのまま『次へ』ボタンをクリックします。

『ファイルシステム』ダイアログが表示されたら、『参照』ボタンをクリックし、『C:¥CodeIgniter』を選択します。そして、『すべて選択』ボタンをクリックしてから、『完了』ボタンをクリックすると、インポートが開始されます。

『CodeIgniter』プロジェクトにCodeIgniterのファイルがインポートされていることを確認します。このとき、エラー表示されますが、分割されたHTMLファイルに開始タグがないなどのHTML文法なので、とりあえず無視します。

これでEclipse/PDTでCodeIgniterが利用できるようになります。

-CodeIgniter
-

Copyright© WinRoad徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.