CodeIgniter

XAMPP for Windowsのインストール

投稿日:

XAMPP for Windowsのインストール方法と、設定方法を紹介したいと思います。

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.htmlからインストールファイルを入手します。下の方までスクロールします。

インストールの説明のすぐ上あたりにダウンロードリンクがあります。インストーラを選択します。

言語の選択ダイアログが表示されますが、『English』しか選択できません。そのまま『OK』をクリックします。

英語の注意書きが出ますが、無視して『OK』をクリックします。たしかWindowsのVista以降はセキュリティの関係で、C:¥のルートフォルダにXamppフォルダを作成する必要があるので、その辺の説明だと思います(間違っていたらごめんなさい)。

Setup Wizardで『Next』をクリックします。

インストールフォルダが『C:¥xampp』になっているのを確認して、『Next』をクリックします。

チェック項目を確認して『Install』をクリックします。

インストールが開始されますので、終了までしばらくお待ちください。

『Setup Wizard』が表示されたら、『Finish』ボタンを押せばインストール終了です。

Windowsセキュリティが表示されたら、『アクセスを許可する』ボタンをクリックしてください。

次のダイアログ画面で『OK』をクリックします。

XAMPPコントロールパネルを起動しますかと聞いてきますので、『はい』をクリックします。

XAMPPコントロールパネルが表示され、ApacheとMySQLが起動しているのが確認できます。

それでは、ブラウザで確認してみましょう。アドレスバーに『http://localhost/』と入力します。大きくXAMPPと表示された画面が出たら『日本語』をクリックします。

日本語で『ようこそ』画面が表示されるはずです。

PHPを設定する

次に、『C:¥xampp¥php』のディレクトリ内の『php.ini』ファイルをテキストエディタで開いて、PHPの設定変更をします。尚、『php.ini』ファイルは大事なファイルですので、変更する前に必ずコピーをとっておいてください。

1757行目の先頭の『;』を削除します。1763行目の先頭の『;』を削除して、文字コードを『EUC-JP』から『UTF-8』に変更します。1767行目の『;』を削除します。

Apacheを設定する

続いて、『C:¥xampp¥apache¥conf』ディレクト以内の『httpd.conf』ファイルをテキストエディタで開いてApacheの設定変更をします。

mod_rewriteモジュールを使えるようにするために122行目の先頭の『#』を削除し、設定を有効にします。尚、このバージョンでは、最初からmod_rewriteは有効になっていました。

ApacheとMySQLを再起動

設定を変更したら、必ずApacheとMySQLを再起動してください。尚、先頭のチェックボックスにチェックが入っていたら自動起動しますので、パソコン自体を再起動してもOKです。

以上で、Xampp for Windowsのインストールと設定方法の説明を終了します。

-CodeIgniter
-

Copyright© WinRoad徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.