DreamweaverでPHP 会員専用サイト5

久しぶりの『DreamweaverでPHP』ですが、今日はアクセスしてきた人の情報を表示する方法を説明したいと思います。

『index.php』ファイルを開きます。『WinRoad会員専用サイトへようこそ』の前に、アクセスしてきた人の名前を表示したいと思います。『サーバービヘイビア』の『+』アイコンをクリックし、レコードセットをクリックします。

レコードセットダイアログで名前(任意)を入力、接続とテーブル名(members)を選択します。フィルターをmm_mail、『=』でフィルター条件を『セッション変数』でセッション名を『MM_Username』にして『OK』をクリックします。

先頭で改行して、カーソルを先頭へ移動します。バインディングタブのレコードセットソースから『mm_name』をドラッグします。

ドラッグしてできた『PHP』のアイコンの後に『さん』と入力します。

ファイルをアップデートしたら、ブラウザで確認してみます。メールアドレス『suzuki@winroad.jp』、パスワード『suzuki』でログインしてみます。

ログインした人の名前が表示されています。

このようにログインした人の情報をデータベースから取得することができます。その情報によりログインした人のデータベース情報によってサイトの挙動を変えることができます。また、ログイン画面からパスワードを忘れた人のメールアドレスへパスワードの自動メール送信することも簡単にできます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ