Xoops cubeをレンタルサーバーにインストールする

以前、BuddyPressでSNSサイトの構築をしてみましたが、本格的にSNSサイトを構築したいと思ったら、やはり定評のあるXoopsがいいのかなと思いました。なので、今回は、Xoopsのインストール方法を解説してみたいと思います。

尚、最新のXoops  Cube Legacy 2.20をインストールするには、PHPのバージョンが5.0以上、MySQLのバージョンが4.4以上になっていますので、先にご自身のレンタルサーバの状況を確認してください。又、データベースも必要ですので、先に作成しておいてください。文字コードは『UTF-8 』を選択してください。尚、Xoops  Cube Legacy 2.20は、まだ日本語版が出ていないみたいなので、私は今回、一つ前のバージョン2.1.8aをインストールすることにします。

それでは、Xoops Cube日本サイト(http://xoopscube.jp/)へ行き、今すぐダウンロードをクリックします。

バージョン2.1.8aのダウンロードという文字をクリックします。

ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍したファイルの中の『http』フォルダの中身をサーバーのルートフォルダにFTPソフトを使ってアップロードします。アップロード方法がわからない人は、『WordPressでマルチサイト機能を利用する』で詳しく書いていますので、参考にしてください。下の図はFFFTPによるアップロードです。ルートフォルダしかインストールできないみたいなので、レンタルサーバで新しく独自ドメイン(winroad.xxxx.jp)を作成して、そこにアップロードします。独自ドメイン作成時に自動生成されている『index.html』ファイルと『default_page.png』ファイルは先に削除しておきます。

アップロードが終わったら、ブラウザでアップロードしたURLにアクセスします。『http://winroad.xxxx.jp』と入力します。インストールウイザードが開いたら、言語が『japanese』になっているのを確認して『次へ』ボタンをクリックします。

『はじめに』以下の説明に目を通して、『次へ』ボタン押してください。

『ファイルのアクセス権のチェック』で、問題がなければ、『次へ』ボタンをクリックします。もし、フォルダかファイルの先頭に赤い信号がついていたら、パーミッションを書き込み可能に変更してください。

先程作成したデータベースの情報を入力して、矢印ボタンをクリックします。

『設定内容の確認』画面で、きちんと確認してください。インストールの失敗の原因はほとんどここにありますので、もし間違っていたら、『戻る』ボタンで設定を変更してください。

その次のページで全ての項目に緑印がついていればOKですので、『次へ』ボタンをクリックします。

『パス・URLのチェック』もOKなら『次へ』をクリックします。

『データベース設定の確認』で間違いなければ、『次へ』をクリックします。

『データベースチェック』がOKならXoopsがテーブルを自動生成しますので、『次へ』をクリックします。

データベーステーブルが作成されたら、サイト管理者の設定をしますので、『次へ』をクリックします。

次の画面で、サイト管理者の設定をします。 XOOPS Cubeのインストールが完了したら、この管理者ユーザ名でログインし、XOOPS Cubeをセットアップします。 ユーザ名とパスワードは、忘れないようにしてください。 また、「管理者ユーザー名」「パスワード」とも、半角英数字とし、スペースを含めないようにしてください。 フォームのすべてに入力が済んだら「次へ」をクリックします。

『データの生成』がうまくいったら、『次へ』をクリックします。

『インストール第1ステップ完了』と表示されたら、『次へ』をクリックします。

先程登録した『ユーザー名』と『パスワード』でログインします。

『以下のモジュールが導入されていません』と表示されますので、そのまま『インストール』をクリックします。

『インストール完了』の下にインストールフォルダを削除するようにアラームが出ていますので、FFFTPで『install』フォルダごと削除します。

Xoops Cubeのトップページが表示されたらインストールは完了です。

使い方を覚えたらそのうち、ご紹介したいと思います。本日は以上です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ