MyNETSをレンタルサーバーにインストールする

前回Xoops Cubeのインストールを紹介しましたが、今回は、MyNETSのインストール方法を紹介します。Xoopsはインストールしてから実際に運用するまで、細かい設定が必要ですが、このMyNETSはインストールさえすれば、ほぼデフォルトでSNSサイトとして利用することができます。尚、Hiroron LabosでワンステップでMyNETSをインストールできるプログラムを配布していますので、今回は、それを利用してインストールしたいと思います。以下のサイトにアクセスして、中ほどのダウンロードをクリックします。尚、インストールする前にレンタルサーバーのデータベース(MySQL)は、事前に作成しておいてください。文字コードはUTF-8です。

http://hiroron.com/index.php?topic=wkyMyNETSInst_ja

ダウンロードしたファイルを解凍し、wkyMyNETSInstallerファイルをダブルクリックし、インストーラを起動します。インストールするレンタルサーバーの状況に合わせて入力し、『インストール開始ボタン』をクリックします。すると、最新版のMyNETSをサイトからいったんローカルのPCにダウンロードし、レンタルサーバーにアップしてくれます。FTPソフトも不要ですし、パーミッションの設定も自動で行ってくれますので、楽です。

レンタルサーバーへの自動アップロードが終わるとMyNETSインストーラが起動します。『次へ』をクリックします。

『file check』で『次のステップへ』をクリックします。

尚、結構長いので、途中の図は省略します。『次のステップへ』ボタンを押し続けて下さい。『module and parmisson chk』→『Configfile chk』→『MyNETS installer』→『MyNETS installer』の画面で、最初に作成しておいたデータベース情報を入力して、『次のステップへ』をクリックします。

次の確認画面で同じく『次のステップへ』をクリックすると、データベースの設定が正しければ、『サーバー上に指定のDBが見つかりました。』と表示されますので、『次のステップへ』をクリックします。次の画面で、各種情報を登録する前に、『Google Maps API Key』を取得します。『こちら』と書かれている文字をクリックします。Googleのサイトに移動しますので、『利用規約を呼んだ上でこれに同意します』にチェックを入れ、使用するウエブサイトのURLを入力し、『APIキーを入力する』ボタンをクリックします。

『次のキーが生成されました。』のページで、生成されたキーをコピーします。

続いて、先ほどの画面に戻り、『Google Maps APIキー』をペーストします。次にその他の各種設定を登録します。prefixは先ほどのデータベースをほかのアプリケーションと一緒に使わないのならば、何も入力しなくてかまいません。サイトのURLを入力し、『DB暗号化キー』には、適当な半角英数字を56文字以内で入力します。次のメールサーバードメイン名を入力したら、『設定ファイル作成』をクリックします。次の各種設定確認画面で間違いがなければ、『設定ファイル作成』ボタンをクリックします。

『Config.phpが正常に作成されました。DBにテーブルが作成されました。』と表示されたら、『次へ』をクリックします。次の画面で初期設定を行い、『セットアップ開始』をクリックします。

『インストール作業がすべて無事に完了しました。』と表示されたら、インストールが完了ですので、『管理ページへ』と書かれた文字をクリックします。

これでアクセスできるのかと思えば、いきなり、赤い大きな文字で、installディレクトリとconverディレクトリの削除を促す画面が表示されますので、この二つのディレクトリを削除してください。

指定されたディレクトリを削除後、ブラウザの更新ボタンをクリックすると管理ページへのログイン画面が表示されます。先ほど、作成した管理者名とパスワードを入力します。

サイトの管理ページが表示されます。各種設定はおいおいするとして、『SNSサイト閲覧』をクリックします。

登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

MyNETSのトップページが表示されました。

MyNETSは初期設定のままで、ほとんど使えるようになっています。管理用のページへは、『http://winroad.session.jp(MyNETSをインストールしたURL)/?m=admin』で入ることができます。又、インストールしたMyNETSはしばらくの間解放します(オープン制に設定)。尚、登録しないで触ってみたい人のために、テスト用のメアドとパスワードを作成しています。『E-MAIL』は、『test@winroad.session.jp』、『パスワード』は、『123456』でアクセスすることができます。初期設定では、招待制になっていますので、会員専用サイトを作成したい人にとってはうってつけだと思います。色々好きにいじくり回して下さい。

http://winroad.session.jp/

尚、MyNETS2は、コードイグナイターで作成されているみたいなので、興味があるのですが、インストールサイトやインストール方法が不明です。誰か分かる人がいれば教えて下さい。お願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ