WordPressの子テーマ機能とは

Twenty Elevenのカスタマイズ

『WordPressでテーマの作成』のコーナーでは、自作のテーマを作成してきましたが、WordPressには、『Twenty Eleven』という非常に洗練されていて、軽量で、柔軟なテーマがあります。今回は、このテーマをカスタマイズしながら、WordPressの勉強をしたいと思います。

テーマをカスタマイズする場合、直接書き換えることもできますが、元のテーマは残したままで、そのテーマをカスタマイズする方が、後々面倒がなくていいと思います。WordPressには、テーマをカスタマイズする際に、元のテーマを継承しつつ部分的にカスタマイズする『子テーマ』という機能がありますので、子テーマの作成方法をご紹介したいと思います。

style.cssの作成

それでは、『wp-content/themes』フォルダに、子テーマ用の新規ディレクトリを『Customise2011』名で作成し、この『Customise2011』フォルダ内に、新規に『style.css』ファイルを作成します。

次に、『style.css』を開き、先頭のコメント部分にこのテーマの情報を記述します。その際、元となった親テーマのディレクトリ情報(『Template:twentyeleven』)を表記します。

ダッシュボードの『外観』→『テーマ』でテーマを『cusutomise2011』に変更してブラウザで確認してみます。スタイルシートが全く適用されていません。

現状では、子テーマのスタイルシートは、内容が空ですので、『twentyeleven』のスタイルシートを継承するために、@import文を記入します。

これで、元の『twentyeleven』のスタイルシートが適用されているはずです。再度、ブラウザで確認してみます。スタイルシートが適用されました。

各種テンプレートのカスタマイズ法

WordPressは、親テーマと子テーマに同名のテンプレートがある場合、子テーマのテンプレートが優先的に使われます。この機能を使い、親テーマのテンプレートを変更せずに、カスタマイズすることができます。

まず、カスタマイズしたい親テーマのテンプレートファイルをコピーして、子テーマのフォルダに保存します。コピー後に子テーマのテンプレートをカスタマイズします。

functions.phpのカスタマイズ

functions.phpテンプレートは、上記とは若干異なります。functions.phpテンプレートは親テーマ、子テーマの両方とも適用します。つまり、まず、子テーマにあるfunctions.phpの内容を処理後、親テーマのfunctions.phpの内容も処理します。そのため、子テーマのfunctions.phpと親テーマのfunctions.phpに同じ関数があった場合、関数の再定義エラーが発生します。したがって、子テーマのfunctions.phpには、親テーマと同じ名前の関数を作らないようにして下さい。

本日は以上です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] Codex 日本語版:子テーマ ・WinRoad徒然草:WordPressの子テーマ機能とは […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ