リモートデスクトップでサーバーをリモートからシャットダウンする方法

Windows7では、リモートデスクトップ接続画面のスタートメニューからは、サーバーをシャットダウンできないように設定されています。

セキュリティの面からこういう仕様になっていると思うのですが、コマンドプロンプトで指定すれば簡単にシャットダウンすることができます。

本当にセキュリティの面からこういう仕様になっているのなら、コマンドプロンプトでもシャットダウンできないようにするのが本当だと思うのですが、その辺の開発者の意図はわかりません。

それでは、コマンドプロンプトからシャットダウンや再起動する方法をご紹介します。

スタートメニューの検索ボックスに『cmd』と入力して、エンターキーを押します。

するとコマンドプロンプトが起動します。そのまま『shutdown/s』と入力すれば、シャットダウンすることができますし、『shutdown/r』と入力すれば、再起動することができます。

また、引数を何も入力しないで、そのまま『shutdown』とだけ入力すれば、ヘルプを表示しますので、シャットダウンや再起動の引数を忘れても大丈夫です。試しに『shutdown』と入力してみます。

これで、リモートで接続しているサーバー(ディスプレイやキーボードを外しているサーバー)に、いちいちディスプレイを接続して、キーボードをつないでといったような面倒なことをしなくて済みます。

今まで、サーバーを再起動させるたびにディスプレイやキーボードを接続していた人は、この方法で再起動して下さい。

簡単ですが、本日は以上です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ