Yiiのビューとは

Yiiのビューとは、公式サイトによると『ビューは主にユーザインターフェースの要素によって構成される PHP スクリプトです。 ビューには PHP 文を含める事ができますが、その PHP 文でデータモデルを変更すべきではなく、 また、比較的シンプルなものに留めておくことを推奨します。 ロジック部とプレゼンテーション部の分離の精神に基づいて、ロジックの大部分は ビューではなく、コントローラかモデルに置くべきです。』とあります。

Yiiのビューでは、推奨はしていませんが、PHP文を含むことを認めています。小規模なサイトを作成するときは、この辺に融通が利く方が使い易そうです。

説明文を読んでもイメージがわかないので、実際に作成してみることにします。

1) 『welcome』フォルダごとコピーして、フォルダ名を『viewstest』と変更します。

2) 『protected』フォルダの中に、『views』フォルダを作成、その中に『layouts』フォルダ、さらにその中に『main.php』ファイルを作成します。

3) 『views』フォルダ内に、『site』フォルダを作成し、その中に『test.php』ファイルを作成します。

4) 『index.php』ファイルに下記コードを記載します。

<?php
// ブートストラップファイルの読み込み
require_once('yii.php');

// Webアプリケーションのインスタンス化
Yii::createWebApplication()->run();

5) 『layouts』フォルダの『main.php』ファイルに下記のコードを記載します。

<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>ビューテスト</title>
</head>
<body>
<h1><?php echo $content;?></h1>
</body>
</html>

6) 『views/site』フォルダの中に、『test.php』ファイルを作成し、下記のコードを記載します。

<h1><?php echo $sitename;?></h1>
ビューファイルのテストです

7) 『controllers』フォルダのSiteController.phpファイルには下記のコードを記載します。

<?php
class SiteController extends CController
{
	public function actionIndex()
	{
		$this->render('test',array(
			'sitename'=>'WinRoad徒然草'));
 	}
}

8) ブラウザで確認してみます。

それでは、本日理解できたことをまとめてみます。

  • viewファイルは、『view』フォルダ内の『ControllerID』フォルダの中に作成します。つまり、コントローラクラスからControllerを削除した残りの文字の先頭を小文字に変換した文字(例:クラス名がSiteContorollerならviewファイルを保存するフォルダ名はsite)になります。
  • viewファイルは、$this->render(’引数’)で呼び出します。viewファイル内の引数.phpファイルを探し出し、『layouts』フォルダのmain.phpファイルを表示します。

少しですが、ビューファイルの表示方法がわかりました。本日は以上です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

2011年11月24日 | コメント/トラックバック(0) | トラックバックURL |

カテゴリー:Yii

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ