DreamweaverにCakePHPのCTPファイルを認識させる方法

Dreamweaverは標準では、CakePHPのCTPファイルを認識しませんので、CTPファイルを認識させる方法をご紹介したいと思います。

1) DreamweaverでCTPファイルを開こうとすると『このファイル拡張子に有効なエディターが見つかりません。』と表示されます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月30日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:CakePHP

CSS Menu Builderを使ってみました

前回は、CSSフレームワークSkeletonを試してみましたが、今回はメニューやパンくずリストに特化したメニューを作成できるCSS Menu Builderを試してみたいと思います。このCSS Menu Builderは水平メニュー、垂直メニュー、パンくずリストを自動生成できるメニュー専門のCSSジェネレーターです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:CSS

ZendFrameworkでCSSフレームワークSkeletonを試してみました。

CSSが苦手な私は、何かいいCSSフレームワークがないか探していたら、Skeletonというフレームワークが良さそうなので、導入して試してみることにしました。SkeletonはMedia Queryベースのフレームワークなので、スマートフォン用のCSSを別途に作成する必要が無いのがいいですね。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ZendFramework

ZendFrameworkをレンタルサーバーにインストールする

ローカルサイトにインストールしたZendFrameworkをレンタルサーバーにインストールしてみたいと思います。

1) いつものようにDreamweaverでの設定方法をご紹介します。ZendFrameworkの公式サイトからダウンロードした最新安定版(ZendFramework-1.11.11)のlibraryフォルダを任意のローカルフォルダにコピーします(※私の場合は、zend.winroad.info名で作成したフォルダにコピーしました)。『ZendFramework』のダウンロード方法は、『ZendFrameworkの導入』をご覧下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ZendFramework

ZendFrameworkの基礎

前回、『ZendFrameworkの導入』でZendFramewrokのインストールの方法と、『Hello World!!』の表示まで勉強してみましたが、今日は、『ZendFrameworkの基礎』を勉強してみたいと思います。 ZendFramewrokとは、PHPのコアエンジンであるZend Engine2を開発しているZend Technologies社が開発しているフレームワークです。商用システムでの利用を想定し、大規模システムの運用にも十分耐えうるように設計されています。また、商用システムでの利用に支障が出ないように、ライセンス形態に『BSDライセンス』を採用しています。また最大の利点は、各コンポーネントの独立性を高めた設計であり、一部のコンポーネントのみをロードしての利用も可能であることだと思います。よって、ZendFrameworkはフレームワークとしてだけでなく、『pear』のようなライブラリとしても利用することが可能です。ですので、覚えておいても絶対に損のないフレームワークだと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ZendFramework

CakePHP2.0のbakeでビューの作成

今日は、CakePHP2.0のbake機能を使って、ビューを作成してみたいと思います。

いつものようにコントロールパネルを開いて、bake Shell画面を表示するように、フォルダを移動して、『cake bake』を入力します。ビューはアクションごとに作成しないといけないので、1つずつ作っていくのは面倒ですが、bakeは基本的なビューファイルをまとめて作成してくれます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:CakePHP

CakePHP2.0のbakeでコントローラーの作成

前回は、CakePHP2.0のbakeでモデルの作成をしましたが、本日は、コントローラーの作成をしてみたいと思います。

1) いつものように、コントロールパネルを起動したら、『C:\xampp\htdocs\cakephp\app』フォルダへ移動し、『cake bake』と入力して、『bake』の初期画面を表示します。

2) コントローラーを作成しますので、『c』と入力して、Enterキーを押します。

3) 選択可能なコントローラ名(今のところ1つしかありません)が表示されますので、数字を入力してEnterキーを押します。

4) 対話形式で、コントローラーを作成しますかと尋ねてきますので、『y』と入力して、Enterキーを押します。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:CakePHP

CakePHP2.0のbakeでモデルの作成

今日は、CakePHP2.0のbakeでモデルの作成方法を勉強してみたいと思います。まず最初にデータベースの作成ですが、一から作成するのは面倒ですので、以前作成したDVDコレクション用のデータベースを使用して作成してみたいと思います。データベースのエクスポート及びインポートの方法は、『MySQLデータベースの移行』をご覧下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月12日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:CakePHP

CakePHP2.0でbakeによるアプリケーションの作成

CakePHPには、『bake』という各種ファイルの自動生成スクリプトがあります。その『bake』を利用して、アプリケーションの作成方法を調べてみましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月9日 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:CakePHP

CakePHP2.0のビュー

前回の『CakePHP2.0の導入』では、『Hello World!!』の表示までやりましたが、Hello World!!の文字だけではなく、CakePHP:the rapid development php frameworkと表示されているヘッダー部分とCakePHPのロゴが入ったフッター部分が自動的に表示されていました。CakePHPはレイアウトに何も指定しなくても表示されるデフォルトテンプレートが用意されています。デフォルトのレイアウトではなく、自作のレイアウトを適用するにはどうすればいいのでしょうか。今日はその方法を試してみたいと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年12月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:CakePHP

このページの先頭へ