ZendFrameworkをレンタルサーバーにインストールする

ローカルサイトにインストールしたZendFrameworkをレンタルサーバーにインストールしてみたいと思います。

1) いつものようにDreamweaverでの設定方法をご紹介します。ZendFrameworkの公式サイトからダウンロードした最新安定版(ZendFramework-1.11.11)のlibraryフォルダを任意のローカルフォルダにコピーします(※私の場合は、zend.winroad.info名で作成したフォルダにコピーしました)。『ZendFramework』のダウンロード方法は、『ZendFrameworkの導入』をご覧下さい。

2) Dreamweaverを起動したら、『サイト』→『新規サイト』とクリックし、サイト名(任意)を入力し、ローカルサイトフォルダーにZendFrameworkをコピーしたフォルダを指定します。

3) 左メニューのサーバーをクリックし、『+』(新規サーバーの追加)アイコンをクリックします。

4) レンタルサーバーの環境に合わせて設定を行い、『テスト』ボタンをクリックします。テストがOKなら保存ボタンをクリックします。

5) テストはローカル環境で行いたいので、再度『+』アイコンをクリックします。

6) 『ZendFrameworkの導入』で作成した『C:/xampp/htdocs/zap』フォルダを指定します。

6) 入力が完了したら、保存ボタンをクリックします。

7) 設定が完了したら、ローカルビューを開き、『展開してローカル及びリモートサイトを表示』アイコンをクリックします。

8) 左側にリモートサーバーと表示されていたら、接続/切断の切り替えアイコンが接続されているのを確認して、サーバーにアップします。尚、左側の表示がリモートでなく、テストサーバーが表示されていたら、リモートサーバーアイコンをクリックして、リモートサーバーに接続して下さい。

9) レンタルサーバーのPHP環境設定をクリックし、PHP環境設定を行うドメインを選択します。

10) php.ini直接編集をクリックして、『include_path=……..』という箇所を探し、『: 』(コロン)の後に、ZendFrameworkの『library』へのパスを追記します。下記に追記例を表示します。

include_path = “他のパス:/ドキュメントルート/zend.winroad.info/library”

11) ドキュメントルートはサーバー情報を見れば記載してあるはずです。尚、ローカル環境のphp.iniを変更する場合は、Windowsでは『;』(セミコロン)ですので、間違えないようにして下さい。

12) それでは、ZendFrameworkの『library』へパスが通っているかどうか、試してみたいと思います。

13) ルートフォルダ(libray)と同じフォルダにzendapp名でフォルダを作成し、その中に、controllers、models、viewsフォルダを作成します。

14) フォルダの用意が出来たら、続いて『zendapp』フォルダ内に『.htaccess』ファイルを用意し、下記のように記述をします。

RewriteEngine on
RewriteRule !\.(js|ico|gif|jpg|png|css)$ index.php

15) 次に『zendapp』内に、index.phpファイルを作成し、下記のように記述します。

<?php
require_once 'Zend/Controller/Front.php';
Zend_Controller_Front::run('./controllers');

16) 『controllers』内に、IndexController.phpファイルを作成して、下記のように記述します。

<?php
require_once 'Zend/Controller/Action.php';

class IndexController extends Zend_Controller_Action{

	public function indexAction()
	{
		//	ここにIndexアクションを記述します
	}
}

17) 『views』フォルダ内に、『scripts』フォルダを作成し、その中に、『index』フォルダを作成します。『index』フォルダ内に『index.pthml』ファイルを作成し、『Hello World!!』と記述します。

18) ブラウザで確認してみます。『http://zend.winraod.info/zendapp』と入力して、『Hello World!!』が表示されたら設定OKです。

19) 無事表示されました。ついでに、自動レンダリングをオフにした画面表示も行ってみたいと思います。IndexController.phpに下記のコードを追記します。

	public function testAction()
	{
		//自動レンダリングをoffにします。
		$this->_helper->viewRenderer->setNoRender();

		echo "<h1>Test Action!!</h1>";

	}

20) ブラウザで確認してみます。『http://zend.winroad.info/zendapp/index/test』と入力します。

本日は以上です。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ