ZendFrameworkで例外処理

ZendFrameworkは、アクセスするアドレスに指定したモジュールやアクション名が間違っていたりすると、例外を発生し、画面にはエラーメッセージがずらりと出力されます。これは余り見栄えのいいものではありません。

ZendFrameworkでは、特定のコントローラで受け取れなかった例外は、フレームワークにより例外処理専用のコントローラに送られます。この例外処理専用のコントローラは『ErrorController』というものです。それでは、このクラスを作成してみましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年1月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ZendFramework

このページの先頭へ