Zend_Validateでバリデーション処理

ZendFrameworkでは、バリデーション処理のための『Zend_Validate』というクラスがあります。今日はその『Zend_Validate』について調べてみたいと思います。

バリデーションとは、フォームの入力値が『望む形になっているかどうか』を調べるための仕組みです。たとえば、値が入力されているのかどうか、その入力されている値が数字なのか文字なのか、メールアドレスの形式なのか、URLの形式なのか、フレームワークを使用せずにプログラムを組むときに結構面倒なのが、このバリデーション処理ではないでしょうか。『Zend_Validate』では、この面倒な処理を簡単にしてくれるクラスです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年2月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ZendFramework

このページの先頭へ