FuelPHPのビュー

今日はFuelPHPのビューについて調べてみたいと思います。FuelPHPのビューファイルは基本的に、『fule/app/views』フォルダ内にコントローラと同じ名前のフォルダを作成し、その中に格納します。また、ビューを呼び出す場合は、コントローラ名/メソッド名で呼び出します(例:fuel/app/views/sample1/index.phpを呼び出すには、sample1/index(indexは省略可)で指定します)。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年2月20日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:FuelPHP

このページの先頭へ