高機能CMSジュームラの導入

高機能なCMSのJoomla!(ジュームラ)を導入して使い心地を試してみたいと思います。Joomla!には標準でアクセスレベルコントロール(ALC)という機能がついています。このALCを使うと一般ユーザーから登録ユーザーまでを細かく管理することも可能で、会員制サイトや、複数人で運営するようなWebマガジンなども簡単に構築できます。それでは、Joomla!のインストールから始めて見たいと思います。

1. joomla!の日本語版を配布しているjoomla! JAPANのサイトへ行きます。

http://joomla.jp./

2. 中程にある『本家コアパッケージ+日本語パックはこちら』をクリックして、ダウンロードします。

3. ダウンロードしたZipファイル(Joomla_2.5.4_in_Japanese)を解凍後、名前をJoomlaに変更します。

4. リネームしたJoomlaフォルダを『C:\xampp\htdocs』フォルダにコピーします。

5. 保存したJoomlaフォルダを開き、中にある『htaccess.text』ファイルをテキストエディタで開き、『.htaccess』名で別名保存します。

6. ブラウザを開き、下記のアドレスを入力します。

http://localhost/Joomla/ 

5. インストール言語の選択画面で日本語が選択されているのを確認後、次へをクリックします。

6. インストール前の確認画面で、上の段がすべて『はい』、下の推奨設定でグリーンが表示されていれば、『次へ』をクリックします。私の場合、『Display Errors』と『Output Buffering』が赤くなっていたので、『.htaccess』ファイルに下記のコマンドを追記しました。

php_flag display_errors off
php_value output_buffering “0”

7. 『.htaccess』ファイルを保存後、再チェックボタンをクリックします。全て緑に変わったら、次へボタンをクリックします。

8. GPL(GNU一般公衆利用許諾契約)が表示されますので、内容を確認して納得した上で、『次へ』をクリックします。

GPLとは
FSFの理念に基づいて明文化されたソフトウェアライセンス体系。主にGNUプロジェクトで開発されたソフトウェアや、その派生物などに適用されている。ソースコードの公開を原則とし、使用者に対してソースコードを含めた再配布や改変の自由を認めている。また、再配布や改変の自由を妨げる行為を禁じている。(IT用語辞典 e-Wordsより)

9. 次は、データベース設定です。既存のデータベースにJoomlaのテーブルを作成する場合は、このまま指定していってもいいのですが(この場合はJoomlaのテーブルはプレフィックスで区別します)、新規にデータベースを作成したいと思います。

10. 別のブラウザ(又は別ウインドウ)で、phpMyAdminを開きます。新規データベース名(joomla)を入力後、作成ボタンをクリックします。

11. 新しいデータベースを作成したら、特権タブをクリックして、新しいユーザを追加するをクリックします。

12. ユーザー名に任意の名前を入力し、ホストのプルダウンメニューからローカルを選択し、パスワードを2回入力します。

13. 中程にあるグローバル特権の『すべてチェックする』をクリックしてから、ページ最下部の実行するボタンをクリックします。尚、今回作成したユーザー名とパスワードは、Joomlaのインストールで使用しますので、忘れないようにして下さい。

14. データベースとデータベースユーザを作成したら、Joomlaのインストールの続き(データベースの設定画面)に戻ります。下記の内容を入力して次へをクリックします。

  • データベースタイプ
    MySQLi
  • ホスト名
    localhost
  • ユーザー名
    joomla_user  (先程作成したユーザー名)
  • パスワード
    先程作成したユーザーパスワード
  • データベース
    joomla
  •  テーブルプレフィックス
    ランダムな値が指定されていますので、特に指定する必要はありません。尚、既存のデータベースの中にJoomlaのテーブルを作成するときは、分かり易い名前(例えばjml_)とかを指定しておきます。

15. 次のFTP設定は後からでも出来ますので、そのまま次へをクリックします。

16. メイン設定の画面で、新規に作成するサイト名と管理者情報を入力します。サンプルデータをインストールする場合は、下の『サンプルデータをインストールする』ボタンをクリックします。

17. 完了画面で、『instrationディレクトリを削除して下さい』のアラートが出ますので、『instrationディレクトリを削除』ボタンをクリックすれば、インストール完了です。『管理画面』ボタンをクリックします。

18. 『Joomla!管理画面ログイン』のダイアログが表示されますので、16で作成したユーザ名とパスワードを入力して、ログインボタンをクリックします。

19. Joomla!の管理画面が表示されました。右上の『サイトへ』をクリックすると、サイトが開きます。

20. サンプルデータをインストールしていたら、下記のようなサイトが表示されます。

インストールが完了したところで、本日は以上です。次回は、使い方を見てみたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ