コンポーサーのインストール

Larravel4は、パッケージの依存管理にComposerを活用しています。とLaravel4の公式ドキュメントに記載されていました。

1. そこで、Windowsにコンポーサーをインストールしてみたいと思います。下記のサイトをクリックするとComposerのWindowsインストーラがダウンロードされます。

https://getcomposer.org/Composer-Setup.exe

2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、Composerのインストーラーが起動します。Nextをクリックします。

composer001

3. php.exeがインストールされている場所を自動で探してきますので、そのままNextをクリックします。

composer002

4. インストールの準備が出来ました。と表示されますので、Installをクリックします。

composer003

5.  Nextをクリックします。

composer004

6.  Completing….と表示されれば、インストール成功です。Finishをクリックします。

composer005

7. コマンドプロンプトを起動して、composerと入力してみます。composerが起動しているのが分かると思います。pathもすべて自動で設定してくれているみたいです。とても簡単ですね。

composer006

8. 『コンピュータ』→『プロパティ』→『システムの詳細設定』→『環境変数』と開いて、Pathを見てみると、Composerへのパスが登録されていました。

composer007

今日は、Composerのインストール迄ですが、そのうちに使い方も調べてみたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] コンポーサーのインストール(Windows徒然草) […]

  2. […] コンポーサーのインストール(Windows徒然草) […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ