Tera Termのインストール

さて、CentOSのインストールが完了したら、ここから先は、Windows上で操作しますので、Tere Termをインストールします。

Tera Termのインストール

  1. 下記のサイトよりTere Termの最新版をダウンロードします(2013年8月時点ではteraterm-4.78.exeが最新です)。
    http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/
    centos001
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラを起動します。
  3. ユーザーアカウント制御のダイアログボックスが表示されたら、「はい」をクリックします。
  4. 「セットアップに使用する言語の選択」ダイアログが表示されますので、「日本語」を選択されているのを確認して、「OK」ボタンをクリックします。
  5. 「Tera Termセットアップ」ダイアログが表示されますので、「次へ」をクリックします。
    teraterm001
  6. 「使用許諾契約書の同意」ダイアログが表示されますので、「同意する」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。
    teraterm002
  7. 「インストール先の指定」ダイアログが表示されますので、そのまま「次へ」をクリックします。
    teraterm003
  8. 「コンポーネントの選択」ダイアログが表示されますので、デフォルトのままで、「次へ」をクリックします。
    teraterm004
  9. 「言語の選択」ダイアログで、「日本語」を選択して、次へをクリックします。
    teraterm005
  10. 「プログラムグループの指定」ダイアログでWindowsのスタートメニューに登録する項目名が表示されますのでそのまま(Tera Term)、「次へ」をクリックします。
    teraterm006
  11. 「追加タスクの選択」ダイアログで、ショートカットを指定します。これもデフォルトのままで「次へ」をクリックします。
    teraterm007
  12. 「インストール準備完了」ダイアログで、指定したインストール内容が表示されますので、「インストール」ボタンをクリックします。
    teraterm008
  13. 「Tere Termセットアップウイザードの完了」ダイアログが表示されたら、インストール完了ですので、「完了」ボタンをクリックします。

Tera Termの起動

  1. デスクトップに作成された「Tera Term」アイコンをダブルクリックして、Tera Termを起動します。
  2. 「Tera Term:新しい接続」ダイアログが表示されたら、ホスト名にサーバーのIPアドレスを入力します。
  3. サービス項目でSSHにチェックをいれ、SSH2を選択(デフォルトでは選択されていると思います)して「OK」ボタンをクリックします。
    centos002
  4. 初めてサーバーに接続する時には、セキュリティ警告のダイアログが表示されますが、「続行」をクリックします。※ここで接続先の証明書を保存します。
  5. 「SSH認証」ダイアログが表示され、ユーザー名、パスフレーズ、接続方法を尋ねてきますので、それぞれ、ユーザー名にroot、パスフレーズにCentOSインストール時に作成したパスワードを入力します。
  6. 「ブレインテキストを使う」にチェックが入っている(デフォルト)を確認して、「OK」ボタンをクリックすると、CentOSにログインできます。
    centos003
  7. Tera Termが起動して、コマンドの入力待ち状態になったらCentOSを操作できるようになります。
    centos004

次回は、「CentOS6.4の初期設定」を調べてみたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ