WinSCPのインストール

WindowsからCentOS6.4にデータを安全に転送するには、FTPではなく、「SFTP」と呼ばれるSHHを使ったファイル転送システムを使う必要があります。DreamweaverでもSFTP転送の設定は出来るのですが、フリーのSFTP転送ソフトのWinSCPをインストールしてみたいと思います。

WinSCPのインストール

  1. 下記のサイトからWinSCPをダウンロードします。
    http://winscp.net/eng/download.php
    centos007
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラを起動します。
  3. 「ユーザーアカウント制御」のダイアログが表示されたら、「はい」をクリックします。
  4. 「セットアップの言語選択」のダイアログで、「日本語」を選択して、「OK」をクリックします。
  5. 「WinSCPセットアップウイザードの開始」ダイアログが表示されたら、「次へ」をクリックします。
  6. 「使用許諾契約書の同意」ダイアログで、「同意する」を選択して、「次へ」をクリックします。
  7. 「セットアップ形式」ダイアログで「標準的なインストール」を選択して、「次へ」をクリックします。
  8. 「ユーザーの初期設定」ダイアログでデフォルトの「コマンダーインターフェース」を選択して、「次へ」をクリックします。
  9. 他のソフトのインストール確認ダイアログで、「WinSCPとともにGoogle Chromeをインストール」のチェックを外して、「次へ」をクリックします。
  10. 「インストール準備完了」ダイアログで、指定した内容が表示されます。内容を確認後、「インストール」をクリックします。
  11. 「WinSCPセットアップウイザードの完了」ダイアログで、完了をクリックすると、インストールが完了します。

WinSCPの起動

  1. デスクトップに作成されたWinSCPのアイコンをダブルクリックします。
  2. 「ホスト名」にCentOSサーバーのIPアドレス(例:192.168.11.240)を入力します。
  3. 「ユーザ名」に、CentOSで作成したユーザー名(例:nakada)を入力します。
  4. パスワードには、CentOSで指定したパスワードを入力します。
  5. 「ログイン」を入力します。
    centos008
  6. CentOSサーバーに接続することが出来ました。左がローカルPC(Windows)内のフォルダ、右がCentOSサーバー内のディレクトリ(フォルダ)が表示されています。
    centos009
  7. 尚、一般ユーザーでログインした場合、閲覧できないファイルもありますので、そのときは、rootユーザーでログインし直して下さい。

今回は、フリーソフトのWinSCPのインストールと起動方法を調べてみましたが、近いうちに、DreamweaverでCentOSに接続する方法もご紹介したいと思います。

次回は、「XAMPP for Linuxのインストール」について調べてみたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ