XAMPP for Linuxのインストール

「XAMPP for Linux」、昔は、LAMPと読んでいた気がするのですが、今は、XAMPP for Linuxに名称が変わっているのですね。今日は、XAMPP for LinuxでApache、MySQL、PHPをまとめてインストールしたいと思います。

  1. Linuxでは、yumコマンドがありますので、ApacheやMySQL、PHP等を別々でインストールしても簡単です。
  2. ところが、yumコマンドでインストールしたPHPのバージョンを調べてみたら、PHP5.3.3でした。
  3. 最新のバージョンをインストールし直すのは面倒ですので、XAMPP for Linuxでまとめて最新のバージョンをインストールしたいと思います。

XAMPP for Linuxのインストール

  1. 下記のサイトからXAMPP PHP5.5の項目内にあるXAMPP Linux x86_64 1.8.3をクリックしてダウンロードします。
    http://www.apachefriends.org/jp/xampp-linux.html
  2. ダウンロードしたファイル(xampp-linux-x64-1.8.3-0-installer.run)をWinSCPでファイル転送します。
  3. ファイルの転送場所はどこでも構わないと思いますが、分かり易いように一般ユーザーのカレントディレクトリ(/home/ユーザー名)にドラッグします。
    centos010
  4. コピー確認のダイアログが表示されますので、「コピー」をクリックします。
    centos011
  5. Tera Termを起動したら、rootユーザーに変更します。
    [nakada@centoos ~]$ su -
     Password:
     [root@centos ~]#
  6. ファイル転送したディレクトリまで移動します。
    [root@centos ~]# cd /home/nakada
  7. パーミッションを755に変更します。
    [root@centos nakada]# chmod 755 xampp-linux-x64-1.8.3-0-installer.run
  8. インストーラーを起動します。
    [root@centos nakada]# ./xampp-linux-x64-1.8.3-0-installer.run
  9. Welcome to the Xampp Setup Wizard.と表示され、XAMPP Developer File[Y/n]:とコマンド待ちの状態になりますので、yと入力してエンターします。
  10. Is the selection above correct?[Y/n]:と訪ねてきますので、これもyと入力してEnterします。
  11. XAMPP will be installde to /opt/lamppと表示されます。つまり、/opt/lamppディレクトリにインストールされると言うことです。
  12. press [Enter] to continue:とコマンド待ちの状態になりますので、Enterキーを押します。
  13. Do you want to continue?[Y/n]:と再度、コマンド待ちになります。※ちょっと確認がしつこいですね。
  14. ここでやっとインストールが始まります。
  15. インストールが完了すると、Launch XAMPP[Y/n]:とコマンド待ちの状態になります。yと入力するとXAMPPが起動するはずです。
  16. それでは実際に起動しているかどうか、ブラウザでサーバーのIPアドレスを入力してみます。
    http://192.168.11.240
  17. 上記は、私の設定ですので、各自でサーバーに指定したローカルアドレスを記述して下さい。下記のように表示されたらインストール成功です。
    centos012
  18. 右下の日本語をクリックすると、ようこそ画面が表示されます。
    centos013

XAMPP for Linuxの初期設定

  1. 左メニューのステータスをクリックしてみます。PHP、Perl、CGI、SSIは起動しています。MySQLは停止しています。
    centos014
  2. 現状では、セキュリティが設定されていませんので、大変危険な状態です。
  3. セキュリティを設定したいと思います。Tera Termを起動したら、rootユーザーに切り替えます。
    [nakada@centoos ~]$ su -
    Password:
    [root@centos~]#
  4. 現在停止しているMySQLを起動します。
    [root@centos~]# /opt/lampp/lampp startmysql
    XAMPP: Starting MySQL...ok.
  5. 再度ステータスをクリックして、MYSQLデータベースのステータスが緑色で開始となっているか確認します。
  6. それでは、セキュリティの設定プログラムを起動します。
    [root@centos~]# /opt/lampp/lampp security
  7. XAMPPページにはパスワードが設定されていないので、パスワードを設定しますかと尋ねてきますので、yesと入力して、Enterします。
    XAMPP: Quick securyt check...
    XAMPP: Your XAMPP pages are NOT secured by a password.
    XAMPP: Do you want to set a password?[yes]yes
  8. パスワードを2回入力します。
    XAMPP: Password:
    XAMPP: Password(again):
  9. XAMPPのパスワードが設定されました。ユーザー名「xampp」でアクセス出来るみたいですね。
    XAMPP: Password protection active. Please use 'xampp' as user name!
  10. 「MySQLがネットワークに接続されていますので、切断しますか。」と訪ねてきますので各自の状況に応じて、設定して下さい。セキュリティ的にはyesにした方がいいのでしょうが、私はnoと入力してEnterします。
    XAMPP: MySQL is accessable via network.
    XAMPP: Normaly tht's not recommend. Do you want me to turn it off? [yes] no
  11. MySQLとphmMyAdminの初期ユーザーpmaのパスワードが設定されていませんので、パスワードをセットしますかと尋ねてきます。yesと入力してEnterします。
    The MySQL/phpMyAdmin user pma has no password set !!!
    Do you want to set a password?[yes] yes
  12. パスワードを2回入力すると、初期ユーザーpmaのMySQLとphpMyAdminのパスワードが設定されます。
  13. 今度は、MySQLのrootユーザーのパスワードが入力されていませんので、パスワードをセットしますかと尋ねてきます。今度もyesと入力して、パスワードを2回入力します。
    MySQL has no root password set !!!
     Do you want to set a password?[yes] yes
  14. FTPユーザー「daemon」のパスワードがxamppのままですので、変更しますかと尋ねてきますので、yesと入力して新しいパスワードを入力します。
    XAMPP: The FTP password for user 'daemon' is still set to 'xampp'.
    XAMPP: Do you want to change the password? [yes] yes
  15. これでセキュリティの設定は完了です。再度、セキュリティページを開いてみます。
  16. パスワードの入力ダイアログが起動しますので、ユーザー名はxampp、パスワードは最初に入力したXAMPP用のパスワードを入力します。
    centos017
  17. ステータスが全て緑色で「安全」と表示されていたらセキュリティの設定は完了です。

XAMPPの起動及び停止

XAMPPの公式ドキュメントにも記載されていますので、省略してもいいのですが、一応記述しておきます。

  1. XAMPPの起動
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp start
  2. XAMPPの停止
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp stop
  3. XAMPPの再起動
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp restart
  4. Apacheだけの起動
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp startapache
  5. Apacheの停止
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp stopapache
  6. Apache SSLサポートの起動
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp startssl
  7. Apache SSLサポートの停止
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp stopssl
  8. MySQLデータベースの起動
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp startmysql
  9. MySQLデータベースの停止
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp stopmysql
  10. ProFTPサーバーの起動
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp startftp
  11. ProFTPサーバーの停止
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp stopftp
  12. セキュリティチェックプログラムの起動
    [root@centos ~]# /opt/lampp/lampp securityPro

ファイルとディレクトリの場所

XAMPP for Linuxでは、ディレクトリ構成は下記のようになっています。

  1. XAMPPの基本コマンドの場所
    /opt/lampp/bin/
  2. Apacheのドキュメントルート(サイトのトップページ)
    /opt/lampp/htdocs/
  3. Apacheの設定ファイル
    /opt/lampp/etc/httpd.conf
  4. MySQLの設定ファイル
    /opt/lampp/etc/my.cnf
  5. PHPの設定ファイル
    /opt/lampp/etc/php.ini
  6. ProFTPDの設定ファイル
    /opt/lampp/etc/proftpd.conf
  7. phpMyAdminの設定ファイル
    /opt/lampp/phpmyadmin/config.inc.php

次回は、「PostgreSQL9.2のインストール」について調べてみたいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. tomato より:

    初期設定の6番の
    /opt/lamp/lampp security

    /opt/lampp/lampp security
    だと思います。

    • nakada より:

      tomato様

      コメントありがとうございます。
      修正しておきました。
      これからもよろしくお願いします。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ