CentOS

DreamweaverでCentOSにファイル転送

更新日:

以前、WinSCPをインストールして、WinSCPでローカルPCからCentOSサーバーにファイル転送の方法をご紹介しましたが、今日は、Dreamweaverを使ってCentOSサーバーへファイルを転送する方法をご紹介したいと思います。

Dreamweaverで新規サイトの作成

  1. まずDreamweaverを起動したら、メニューからサイト→サイトの管理→新規作成とクリックします。
  2. サイト設定ダイアログが表示されたら、サイト名をcentos_laravel(任意)と入力し、ローカルサイトフォルダーはファイル転送元のフォルダーを指定します。私は、C:\xampp\htdocs\laravel\と入力しました。
  3. 入力が終わったら、左メニューのサーバーをクリックします。
    centos042
  4. +アイコンの新規サーバーの追加をクリックします。
  5. サーバー名(任意)を入力します。ここでは、centos_laravelと入力しておきます。
  6. 使用する接続で、SFTPを選択します。
  7. SFTPアドレスにCentOSサーバーのローカルIPアドレスを入力します。
  8. ポート番号はデフォルトの22のままにしておきます。
  9. ユーザー名は、rootと入力します。
  10. パスワードは、CentOSのrootユーザーのパスワードを入力します。
    centos043
  11. テストボタンをクリックして、「DreamweaverはWebサーバーに接続されました。」と表示されたらOKボタンをクリックします。
  12. 保存→保存をクリックすると、サイトキャッシュを更新中のダイアログが表示されて、完了したら、サイトの管理ダイアログの終了ボタンをクリックします。
  13. Dreamweaverのワークスペース画面に戻ったら、展開してローカル及びリモートサイトを表示アイコンをクリックします。
  14. 左にリモートサーバー、右にローカルファイルが開きます。リモートホストに接続アイコンをクリックします。
    centos044
  15. 接続したリモートサーバーの内容を見てみましょう。rootディレクトリ内が表示されています。
  16. このままでは、上位のディレクトリへ移動することが出来ません。どうすればいいのでしょう。
    centos046

接続先ディレクトリの作成

  1. まず、接続先のディレクトリを作成します。既存のディレクトリを指定する場合はこの作業は不要です。
  2. TeraTermを起動したら、rootユーザーに切り替えます。
    [nakada@centso~]$ su -
    Password:
    [root@centos~]#
  3. ローカルファイルと同じ階層構成にしたいディレクトリを作成します。私は、/var/www/にlaravel名のディレクトリを作成することにします。
    [root@centos~]# mkdir /var/www/laravel
  4. 作業が前後してしまいましたが、この作業は一番最初に行った方がいいと思います。

Dreamweaverのルートディレクトリの指定

  1. Dreamweaverに戻って、メニューからサイト→サイトの管理でサイトの管理ダイアログを開きます。
  2. 先ほど作成したサイトが選択されているのを確認して、編集ボタンをクリックします。
  3. 左メニューのサーバーをクリックし、サイト名をダブルクリックして、設定ダイアログを開きます。
  4. ルートディレクトリにTeraTermで作成したディレクトリを選択します。
    centos049
  5. デフォルトでは、/var/www/html/laravel/となるのでしょうが、セキュリティを考慮して、/var/www/laravel/を指定していますので、Apacheの設定ファイルや.httacessファイルによる設定が必要になります。
  6. 上記のようにルートディレクトリを指定したら、下記のようにリモートサーバー側は、/var/www/laravel/ディレクトリ内を表示しています。
  7. 只、現状では、/var/www/laravel/には、何もファイルがありませんので、ローカルファイル内のデータを転送します。
  8. ローカルファイルのルートフォルダ(最上位のフォルダ)をクリックして、ファイルのアップロードアイコンをクリックします。
    centos047
  9. これで、全ファイルを転送して、リモートサーバーとローカルファイルの内容が全く同じになります。

Apacheの設定

  1. 現状では、/var/www/laravelはブラウザで表示することは出来ません。Apacheの設定ファイルを修正して、「http://ドメイン名/members」で、「/var/www/laravel/public/index.php」を表示するようにしたいと思います。
  2. テキストエディタで、/etc/httpd/conf/httpd.confを開きます。
    [root@centos~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
  3. ファイルの最後に下記を追加します。
    Alias /members/ "/var/www/laravel/public/"
    Alias /menbers "/var/www/laravel/public/"
     <Directory "/var/www/laravel/public">
     Allow from all
     </Directory>
  4. ファイルを保存したら、ブラウザから確認してみます。
    centos048
  5. 無事、PHPフレームワークLaravel4のトップページが開きました。
  6. これで、ルーターの80番ポートをローカルIPアドレスの「192.168.11.240」に解放すれば、「http://ドメイン名/members」で、Laravel4で作成した社内専用サイトが表示されます。

-CentOS
-,

Copyright© WinRoad徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.