CentOS Python

CentOS6.4に複数バージョンのPythonのインストール

更新日:

CentOS6.4にインストールされているPythonのバージョンは、2.6.6です。Python2.x系の最新バージョン2.7.5とPython3.x系の最新バージョン3.3.2のインストール方法とそれを使い分ける方法について調べてみたいと思います。

開発ツールのインストール

1. まずPythonをコンパイルするのに必要な開発ツールやライブラリをインストールします。

$sudo yum groupinstall "Development tools"
$sudo yum install zlib-devel bzip2-devel openssl-devel ncurses-devel sqlite-devel readline-devel tk-devel

python2.7.5のインストール

2. 次にPython2.7.5をインストールします。

$ wget http://python.org/ftp/python/2.7.5/Python-2.7.5.tgz
$ tar -xvzf Python-2.7.5.tgz
$ cd Python-2.7.5
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ sudo make
$ sudo make altinstall

python3.3.2のインストール

3. そして、python3.3.2をインストールします。単純にpython2.7.5の数字が変わっただけですので、このインストール方法を覚えておけば、新しいバージョンのインストール方法(例えば、python3.4.0)なども、基本的には同じだと思われます。

$ wget http://python.org/ftp/python/3.3.2/Python-3.3.2.tgz
$ tar -xvzf Python-3.3.2.tgz
$ cd Python-3.3.2
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ sudo make
$ sudo make altinstall

Pythonの起動方法

それでは、各バージョンのPythonの起動方法を調べてみましょう。

  1. まず、普通にPythonと入力してみます。Python2.6.6が起動しました。
  2. [ Ctrl ] + Z でPythonを終了させます。
  3. 次にpython2.7と入力します。するとPyrhon2.7.5が起動しました。
  4. 同じく、[ Ctrl ] + Z でPython2.7.5を終了させます。
  5. 今度は、Python3.3と入力します。Python3.3.2が起動しました。
    python019
  6. これで、各バージョンのインストールと起動方法が分かりました。

各バージョンのPythonを使い分ける方法

  1. 各バージョンのPythonを使い分けるには、『virtualenv』と呼ばれる実行環境仮想化パッケージと『virtualenv』を一元管理するための『virtualenvwrapper』というツールを利用してアプリケーションごとの仮想環境を作る際に、実行するPythonを使い分けるのが一番簡単だと思われます。
    $ mkvirtualenv --python=/usr/local/bin/python2.7 newaplication
  2. 『virtualenv』及び『virtualenvwrapper』のインストール及び使用方法は後日ご紹介したいと思います。

-CentOS, Python
-,

Copyright© WinRoad徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.