AVD(Android Virtual Device)の日本語化

AVD(Andrond Virtual Deice)、いわゆるエミュレーターを日本語表記にする方法を調べてみたいと思います。

最新のAndroid Studioのエミュレーターは、本物のスマホを操作する感覚の作りになっています。つまりエミュレーター上には、スマホの画面しか表示されません。

Android Studioの紹介本には、スマホ画面の右横に電源ボタンやホームボタン、メニューボタンなどがありますが、最新版のAndroid Studioのデフォルトのエミュレーター(Nexus_5_API)は、ただのスマホ画面だけです。おまけに全部英語表記なので、何が何だかまったくわかりません。とりあえず操作方法が分かるようにAVDの使用言語を日本語に変更する方法を調べてみます。

まず、AVD(エミュレーター)のトップ画面を左にドラッグ(スワイプ)します。

2015-01-17 16-12-29

すると、Settingsのアイコンが現れますので、そのSettingsをクリックします。

2015-01-17 16-15-21

Settingsの画面を下の方へ移動すると、Personalメニューグループの中にLanguage&inputメニューが現れますので、それをクリックします。

2015-01-17 16-24-31

そして一番上のLanguageメニューをクリックして、次のページの一番下の方にある日本語をクリックします。

2015-01-17 16-29-33

これで、AVDが日本語表記になりました。あとは普通のスマホを操作する感覚で操作できると思います。

2015-01-17 16-33-06

残りの設定は、自分自身でいろいろ試してみてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. フッキー より:

    おはようございます。
    アフィリエイトと会社員をやってるフッキーと申します。

    ブログやネットの知識がまだまだ
    弱っちいぃーーーと感じており、

    さらに収入を安定させるべく知識向上で訪問致しました。

    ビジネスに役立つ記事がたくさんあって
    大変勉強になりました。

    ほんとに有難うございます。

    また不定期ではありますが、訪問いたします。

    それでは応援してます。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ