Android

AVD(Android Virtual Device)の日本語化

更新日:

AVD(Andrond Virtual Deice)、いわゆるエミュレーターを日本語表記にする方法を調べてみたいと思います。

最新のAndroid Studioのエミュレーターは、本物のスマホを操作する感覚の作りになっています。つまりエミュレーター上には、スマホの画面しか表示されません。

Android Studioの紹介本には、スマホ画面の右横に電源ボタンやホームボタン、メニューボタンなどがありますが、最新版のAndroid Studioのデフォルトのエミュレーター(Nexus_5_API)は、ただのスマホ画面だけです。おまけに全部英語表記なので、何が何だかまったくわかりません。とりあえず操作方法が分かるようにAVDの使用言語を日本語に変更する方法を調べてみます。

まず、AVD(エミュレーター)のトップ画面を左にドラッグ(スワイプ)します。

2015-01-17 16-12-29

すると、Settingsのアイコンが現れますので、そのSettingsをクリックします。

2015-01-17 16-15-21

Settingsの画面を下の方へ移動すると、Personalメニューグループの中にLanguage&inputメニューが現れますので、それをクリックします。

2015-01-17 16-24-31

そして一番上のLanguageメニューをクリックして、次のページの一番下の方にある日本語をクリックします。

2015-01-17 16-29-33

これで、AVDが日本語表記になりました。あとは普通のスマホを操作する感覚で操作できると思います。

2015-01-17 16-33-06

残りの設定は、自分自身でいろいろ試してみてください。

-Android

Copyright© WinRoad徒然草 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.