Laravel5標準装備の認証アプリの使い方

Laravel5では、簡単な設定で実装できる認証アプリが標準で添付されています。今日は、その使い方を調べてみたいと思います。

Laravel5をインストール後、ブラウザから、「homestead.app/home」と入力すると、auth/loginページへ移動し、下記のようなログインページが表示されます。

2015-02-08 15-14-52

※上記URL(homestead.app)は、homesteadで設定した場合です。(詳しくは、Homesteadの説明ページを参照ください)。XAMPPやMAMPでインストールした場合は、「localhost/laravel/public/home」で、上記のログインページが表示されると思います。

そして、右上のRegisterをクリックすれば、下記のようなユーザー登録ページへ移動します。

2015-02-08 15-23-37

また、ログインページから、Forgot Your Password?をクリックすると、パスワードの再設定ページへ移動します。このページから、登録済みのメールアドレスを入力すると、そのアドレスに、パスワードリセット用のメールが送信されます。

2015-02-08 15-28-42

 .envファイルの修正

それでは、まずメールを使用するために、環境設定ファイルを修正します。

Laravel5では、環境設定ファイルの環境変数をローカル環境や、実働環境に応じて、簡単に変更できるように、configファイル外に環境変数を配置するように工夫しています。その環境変数管理ファイルが.envです。.envファイルは、最上位階層であるappフォルダや、publicフォルダなどと同じ階層に作成されます。

2015-02-08 15-50-13

デフォルトの.envファイルは下記のようになっています。

2015-02-08 15-52-57

下記のようにメール用の環境変数を追加します。

2015-02-08 15-59-19

※上記メールは、Gメールを使用した場合の例です。ローカル環境下でのメールアプリは、Gメールを使用するのが一番簡単です。尚、メールアドレスとパスワードはご自身の契約しているGメールアドレスの内容を記述してください。

configファイルの修正

app/config/mail.phpファイルを下記のように修正します。mail.phpファイルに直接値を入力してもいいのですが、セキュリティを向上させるためにも、せっかくですので、envヘルパーをフル活用してください。

<?php
return [
'driver' => env('MAIL_DRIVER','smtp'),
'host' => env('MAIL_HOST','smtp.mailgun.org'),
'port' => env('MAIL_PORT',587),
'from' => ['address' => 'nakada@winroad.jp', 'name' => 'Winroad'],
'encryption' => env('MAIL_ENCRYPTION','tls'),
'username' => env('MAIL_USERNAME',null),
'password' => env('MAIL_PASSWORD',null),
'sendmail' => '/usr/sbin/sendmail -bs',
'pretend' => false,
];

※envヘルパーは、.envファイルから値を取得します。第2引数に、デフォルト値を指定します(万が一、.envファイルに値が存在しない場合、エラーにならないように)。尚、mail.phpファイルのコメントは削除しています。

データベースの作成

それでは、次にデータベースを作成します。

まず、インストールしたばかりのLaravel5には、migrationsテーブルがありませんので、コマンドプロンプトから、下記のコマンドを入力して、migrationsテーブルを作成します。

cd homestead
 vagrant up
 vagrant ssh
 cd Code/laravel
 php artisan migrate:install

2015-02-08 16-32-22

上記は、homesteadを使用した場合の手順ですので、XAMPPやMAMPの場合は、Laravel5をインストールしたフォルダに移動して、php aritisan migrate:installを入力するだけです。

そして、次に、app/database/migrationsフォルダにデフォルトで作成されている「日付_create_users_table.php」と、「日付_create_password_resets_table.php」を実行するために、下記のコマンドを入力します。

php artisan migrate

phpMyAdminで確認すると、下記のように3つのテーブルが作成されているのがわかります。

2015-02-08 17-03-54

これで認証アプリは完成です。それでは、さっそくユーザーを登録してみましょう。

2015-02-08 17-07-47

homeのindexページが表示されました。

2015-02-08 17-10-31

ついでに、パスワードの再設定をしてみます。E-Mail Addressに登録済みのメールアドレスを入力して、「Send Password Reset Link」ボタンをクリックします。

2015-02-08 17-18-00

下記のようなパスワード再設定用のメールが送られてきます。

2015-02-08 17-19-55

リンクをクリックすると、パスワード再設定用のページへ移動しますので、登録済みメールアドレスと新しいパスワードを2回入力するとパスワードの再設定が完了します。

2015-02-08 17-25-22

どうですか、簡単でしょう。皆さんLarvel5を楽しんでください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ