Laravel5で一覧表の作成

前回は、Ceateフォームからデータベーステーブルに新規データを登録するところまでを実践してみました。今日は、その登録したデータを一覧表に表示してみたいと思います。

indexアクションの作成

それでは、Gathersコントローラのindexアクションにデータベーステーブルからデータを取得してビューファイルにデータを渡します。

indexアクションを下記のように記述します。

app/Http/Controllers/GathersController.php

public function getIndex()
 {
 $gathers=Gather::paginate();
 return view('gathers.index')
 ->with('gathers',$gathers);
 }

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

このページの先頭へ