Laravel5で社内専用サイト(6-4)

さて、前回までで基本的なデータベースは完成しました。尚、UserとRoleの関連づけは本サイトでは、ご紹介していませんが、そんなに難しくないと思いますので、各自で作成してください。※Userの修正ページでロールのリストからRole_idを選択するように作成すればいいと思います。

まず、ACL(アクセスコントロールリスト)ですが、認証のauthも兼ねて作成するのも1つですが、authとは、別で作成する方法を考えてみたいと思います。ですので、アクセス制限するページには、$this->middleware(‘auth’)の後に、$this->middleware(‘acl’)と入力します。

こうすれば、$this->middleware(‘acl’,[‘only’=>[‘getDelete’,’postDelete’]])とすることで、削除用のメソッド以外には、一般的なログインユーザーがアクセスすることができるようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年8月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

このページの先頭へ