CentOS7+NginxにLaravel5のインストール

Laravelのインストールは、Apache環境では何度もやっているのですが、今回はCentOS7+Nginx+PHP-FPM環境でLaravelが動くように設定してみたいと思います。

Composerのインストール

LaravelをインストールするにはComposerが必要ですが、まだ導入していない場合は、下記のコマンドでインストールします。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
mv composer.phar /usr/local/bin/composer

Laravelのインストール

  1. nginxのWebのデフォルトルートは、/usr/share/nginx/htmlですが、ApacheのWebルートフォルダの方がなじみがあるので、Laravelを下記の箇所(/var/www/laravel)にインストールします。
    cd /var/www
    composer create-project laravel/laravel laravel dev-master --prefer-dist
  2. サブドメイン(laravel.winroad.org)を作成します。サブドメインの作成方法は、こちらをご参照下さい。

Nginxの設定

  1. nginxのLaravel用confファイルを作成します。
    vi /etc/nginx/conf.d/laravel.conf
  2. 下記の内容を入力します。
    server {
        listen  80;
        server_name laravel.winroad.org;
        location / {
           root  /var/www/laravel/public;
           index index.php index.html index.htm;
           try_files $uri $uri/ /index.php$query_string;
         }
         location ~ \.php$ {
           fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
           fastcgi_index index.php;
           fastcgi_param SCRIPT_FILENAME /var/www/laravel/public/$fastcgi_script_name;
           include fastcgi_params;
         }
     }
  3. storageとcacheディレクトリをnginxサーバーから書き込み可能にします。
    chmod -R 777 /var/www/laravel/storage
    chmod -R 777 /var/www/laravel/bootstrap/cache
  4. ブラウザから、laravel.winroad.orgと入力して、Laravel5と表示されたら、OKです。
    2015-11-16 13-51-37

本日は、以上です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ