CentOS7にMySQL5.7のインストール

飛躍的に処理能力がアップしたと評判の最新のMySQL5.7.9をCentOS7にインストールする方法を調べてみたいと思います。

  1. 現状のインストールされているMySQLを調べてみます。
    rpm -qa | grep mysql
  2. 現状のMySQLのバージョンを削除します。
    yum remove mysql*
  3. rmpを追加します。
    yum -y install http://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el7-5.noarch.rpm
  4. yum-utilsを先にインストールします。
    yum -y install yum-utils
  5. MySQLをインストールできるように調整します。
    yum-config-manager --disable mysql56-community
    yum-config-manager --enable mysql57-community-dmr
  6. インストールを開始します。※結構時間がかかります。
    yum install -y mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities
  7. MySQLのバージョンを確認してみましょう。5.7.9がインストールされています。
    mysql --version
  8. MySQLを起動します。
    systemctl start mysqld
  9. 初期パスワードを確認します。
    vi /var/log/mysqld.log
  10. 6行目あたりに、A temporary password….と表示されている箇所root@localhost:以下にパスワードが表示されています。
    2015-11-21 17-15-23
  11. 上記のパスワードでMySQLを起動します。
    mysql -u root -p'J;ULqQ+-a6<t'
  12. MySQLが起動したら、早速パスワードを変更します。尚、新規パスワードには、大文字、小文字、数字、記号の全てが入っている必要があります。
    set PASSWORD='Winroad.*1234';
  13. my.confファイルを修正します。
    vi /etc/my.cnf
  14. MySQL5.7からは、デフォルトでパスワードの保存期間が、360日に指定されていますので、パスワードの保存期間を無期限に変更します。my.cnfファイルの最後に下記を追加します。
    default_password_lifetime = 0

これで、MySQL5.7が無事インストールできました。

2015-11-21 20-43-13

タグ

2015年11月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:CentOS さくらのVPS

このページの先頭へ