WordPress

 テーマの作成

プラグイン

ホームページビルダー17

レンタルサーバーで簡単インストール

レンタルサーバーのFirebirdでWordPressをインストールする方法を下記のアドレスに記載してあります。

http://www.firebird.jp/support/man/autoinstall_manual_wp.php

1.Wordpress用のデータベースを作成(このとき文字コードは必ずUTF-8)

2.アカウント管理ツールから、インストールしたいサーバーのサーバー管理ツールへとログインし、ログイン後、[ ホームページ > 簡単インストール ]をクリックします。

3.追加インストールページへ移動後、WordPressの「インストール設定」をクリックします。

4.移動した先のフォームに必要な設定情報を入力し、「確認画面」をクリックすればOKです。

まず始めに、Wordpressの初期画面の変更からしてみたいと思います。 メタ情報のサイトの管理から、「外観」→「テーマのインストール」インストールしたいテーマが決まっていれば、キーワードを入力して、検索ボタンを押せば出てきます。それ以外は、下に色々検索条件が出ていますので、色々検索してみればおもしろいと思います。尚、今回は、「Fast Food」というテーマに変更してみたいと思います。


タグ

WordPressの子テーマ機能とは

Twenty Elevenのカスタマイズ

『WordPressでテーマの作成』のコーナーでは、自作のテーマを作成してきましたが、WordPressには、『Twenty Eleven』という非常に洗練されていて、軽量で、柔軟なテーマがあります。今回は、このテーマをカスタマイズしながら、WordPressの勉強をしたいと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

ダッシュボード内でできるTwenty Elevenのカスタマイズ

Twenty Elevenのカスタマイズ/その2

WordPress3.2以降に標準で添付されている『Twenty Eleven』は、テンプレートタグを変更しなくても、ダッシュボード上でカスタマイズする機能がついています。今日は、その機能を見てみたいと思います。

この投稿の続きを読む »

タグ

Twenty Elevenテーマのヘッダー部分をカスタマイズ

Twenty Elevenのカスタマイズ/その3

Twnety Elevenのテーマをカスタマイズするのに、以前ご紹介した『DreamweaverでWordPressの簡単編集』でご紹介したDreamweaverの『動的関連ファイル』機能を使って、カスタマイズする方法をご紹介します。まず、ルートフォルダの『index.php』ファイルを開き、『分割ビュー』→『ライブコード』→『インスペクト』とクリックします。デザインビューでマウスオーバーするとマウスの位置によって色が変わります。それに伴い、コードビューも該当箇所の色が変わります。

この投稿の続きを読む »

タグ

WordPressで会員限定サイトの作成

Twenty Elevenのカスタマイズ/その4

WordPressで会員限定のサイトを作成するには、プラグインを使用する方法もありますが、『auth_redirect』を使用するだけで簡単に会員限定のサイトを作成することができます。

header.phpファイルを開き、『wp_head』の直前に、

	 /* リダイレクト */
	 if ( ! is_user_logged_in()){
		 auth_redirect();
	 }

を挿入するだけです。『is_user_logged_in()』は、ログイン(ユーザー認証)しているかどうか判定するための関数です。つまり、ログインしていなければ、ログインページへ強制的に移動するための手続きです。

この投稿の続きを読む »

タグ

CSSグラデーションコード生成エディタGrad2

Twenty Elevenのカスタマイズ/その5

CSS3のグラデーション作成機能はかなり便利なのですが、自分でコードを書くとなるとかなり面倒です。ですので、今までは、他人の作ったCSSグラデーションコードをそのまま流用していたのですが、『Grad2-CSS Easy Gradiation Editor-』というCSSグラデーションコード生成サービスを使うと簡単に自分好みのグラデーションが作成できます。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ