Laravel5のEloquentORMで1対多のリレーション

さて、今日からLaravel5のEloquentORMでリレーションを構築する方法を調べてみましょう。コレクション管理アプリの初日にスキーマビルダーでcategoriesテーブルを作成したのですが、全く使用していませんでした。そのcategoriesテーブルとgathersテーブルとのリレーションを構築していきます。

categoryモデルの生成

コマンドプロンプトのartisanコマンドでcategoryモデルを生成します。

php artisan make:model Category

生成されたモデルを下記のように修正します。

app/Category.php

<?php namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class Category extends Model {
 
 //複数代入のホワイトリスト
 protected $fillable=['name','description'];

 //自動タイムスタンプの無効化
 public $timestamps=false;
 
 /* 
 * 1対多のリレーション
 * Categoryは多くのGatherを持っています
 */
 public function Gather(){
 return $this->hasMany('Gather');
 }
}

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

Laravel5で修正ページの作成

前回は、データの一覧ページを作成しましたが、本日は、データの修正ページを作成したいと思います。

Updateアクションの作成

まず、GathersControllerのgetUpdateアクションメソッドを下記のように作成します。

app/Http/Controllers/GathersController.php

public function getUpdate($id)
 {
 $gather=Gather::find($id);
 return view("gathers.update")
 ->with('gather',$gather);
 }

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

Laravel5で新規データの作成(その2)

前回は、Createビューを作成し、バリデーションを作成するところまでをやりましたが、Laravel5からは、『フォームリクエスト』によるバリデーション機能が追加されました。今日はそのフォームリクエストバリデーションについて調べてみたいと思います。

フォームリクエストバリデーション

ファームリクエストは、バリデーションロジックを含んだカスタムロジックリクエストクラスです。フォームリクエストは、artisanコマンドで簡単に生成することができます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

Laravel5で新規データの作成

前回は、ブラウザからデータベーステーブルを作成しました。今回は、その作成したデータベーステーブルに新規データを登録したいと思います。

ビューの作成

まず、新規データ作成するためのビューファイルを作成します。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

スキーマビルダーでテーブルの生成

Laravel5で私のコレクション管理用のアプリケーションを下記のような仕様で作成したいと思います。

  1. テーブルは、gathersとcategories
  2. アクセスできるのは、メンバーのみ

まず最初に、Laravel5のスキーマビルダーでデータベーステーブルを作成したいと思います。migrationで管理するのが基本だと思いますが、ブラウザでデータベーステーブルを作成する仕様でアプリケーションを設計します。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

XAMPPにLaravel5のインストール

Laravel初心者用にLaravel5のインストール方法をご紹介します。最近のモダンフレームワークと呼ばれるフレームワークは全般的にComposerでパッケージ管理しているフレームワークが多いです。先日、CakePHP3.0がリリースされ、CakePHPもComposerでパッケージ管理するようになりました。

Composerのインストール

そこで、まず最初にLaravel5をインストールするには、まず、Composerが必須となりますので、Composerをまだ、インストールしていない方は、下記のサイトを参照して、インストールしてください。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年5月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

さくらのVPSサーバーにLaravelのインストール

今日は、前回LAMP環境を構築したさくらのVPS(CentOS6.6)サーバーにLaravel5をインストールしてみたいと思います。

Composerのインストール

Laravelをインストールするには、composerをインストールする必要がありますので、まず最初にComposerをインストールします。

さくらのVNCコンソールから、下記のコマンドを入力します。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
mv composer.phar /usr/local/bin/composer

この投稿の続きを読む »

タグ

Laravel5標準装備の認証アプリのカスタマイズ

前回、Laravel5標準装備の認証アプリの使い方をご紹介しましたが、今回は、そのカスタマイズ法をご紹介します。

デフォルトの認証アプリは、Eメールアドレスとパスワードでのログイン仕様になっています。これを名前(name)とパスワードでログインするように変更してみたいと思います。

まず、ビューファイルのemailの箇所をnameに変更します。これは、特に説明する必要がないと思いますが、一応、下記にlogin.blade.phpを記述しておきます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年2月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

Laravel5標準装備の認証アプリの使い方

Laravel5では、簡単な設定で実装できる認証アプリが標準で添付されています。今日は、その使い方を調べてみたいと思います。

Laravel5をインストール後、ブラウザから、「homestead.app/home」と入力すると、auth/loginページへ移動し、下記のようなログインページが表示されます。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年2月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:Laravel

Laravel5のリリース早々躓いてしまいました

昨日(2015年2月5日)、待望のLaravel5がリリースされました。

そこで、早速、Laravel5をインストールして使用してみたのですが、インストール早々、躓いたので、皆さんも同じような事で躓かないように私の失敗談をご紹介します。同じような状況の方は参考にしてください。

この投稿の続きを読む »

タグ

2015年2月6日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:Laravel

このページの先頭へ